済まないような気持

5 の用例 (0.00 秒)
  • それと同時に、物足りないようなまた済まないような気持になるのです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • それとも、彼女もまた困ったような、済まないような気持になるだろうか。 福永武彦『海市』より引用
  • それと同時に、物足りないような又済まないような気持になるのです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 何かしらそういうふうにしなければ済まないような気持だった。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • どうも、済まないような気持になりながら、お雪は、その、開けっぱなしにしてある部分だけでなく、もう二三枚ずつさかのぼって、それを読んでみたい気になりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用