済まないよう

89 の例文 (0.01 秒)
  • 私はそこまで来て、曲り角で分れるのが先生に済まないような気がした。 ...
  • それと同時に、物足りないようなまた済まないような気持になるのです。 ...
  • それとも、彼女もまた困ったような、済まないような気持になるだろうか。 ...
  • 向い合っているうちに無料ただでコンナ物を見ちゃ済まないような気がして来た。 ...
  • わたし何だかほんとに済まないような気がして、お帰ししたくないのよ。 ...
  • 何かいわずには済まないような息苦しさが、同時に二人をとらえていたのだ。 ...
  • 娘は私に向って、同じく頭を下げて済まないような顔をした。 ...
  • などと、秋葉に聞か れたらただでは済まないようなことを考える。 ...
  • その間にも、時々懐しくなったり、済まないような気になったりした。 ...
  • だが先輩の携帯の中には、万が一ぐらいでは済まないような写真まで残っている。 ...
  • 何だか済まないような気もしたが、行って顔を見るのが厭なような心持もした。 ...
  • このままでは済まないような気がしたのである。 ...
  • 何かしらそういうふうにしなければ済まないような気持だった。 ...
  • 男は返事をしない、女は済まないような気分で立ち上りました。
  • それをしなければ気が済まないように思った。 ...
  • 口で叱られるだけでは済まないような気がするんです。 ...
  • 僕は市蔵に対して気の毒なようなまた済まないような心持ちがした。 ...
  • 次へ