済まないやうな気

6 の用例 (0.00 秒)
  • その上私はかく宣べるのは何者かに対して済まないやうな気がする。 倉田百三『善くならうとする祈り』より引用
  • かはりになにか買つてでもやらないと済まないやうな気がした。 田中貢太郎『黒い蝶』より引用
  • かかる虚偽的愛きよぎてきあい夫婦ふうふかへつ神様かみさまたいまないやうないたします。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 41 20080623』より引用
  • が、それと同時に、何だか気恥しいやうな、何ものにか済まないやうな気も起らないではなかつた。 久米正雄『私の社交ダンス』より引用
  • しかし現在の予は、すでに過去の予と違つて、全精力を創作に費さない限り人生に対しても又予自身に対しても、まないやうな気がしてゐるのである。 芥川竜之介『入社の辞』より引用
  • りよは一瞬、済まないやうな気がした。 林芙美子『下町』より引用