済まないやう

13 の例文 (0.00 秒)
  • 八郎は二人の友に対して何となく済まないやうな気持をいだくのであつた。 ...
  • その上私はかく宣べるのは何者かに対して済まないやうな気がする。 ...
  • 私達だけ笑つてゐる事が済まないやうに思はれたので、後の幕を見ずに帰つた。 ...
  • かはりになにか買つてでもやらないと済まないやうな気がした。 ...
  • かかる虚偽的愛きよぎてきあい夫婦ふうふかへつ神様かみさまたいまないやうないたします。
  • たゞ私ひとり済まないやうな気持でございます。 ...
  • 昔も今も変りなく燦然と輝くあの南十字星がそんな役割を勤めたかと思ふと、ただ単に美しいと鑑賞するだけでは済まないやうにさへ思ふ。 ...
  • が、それと同時に、何だか気恥しいやうな、何ものにか済まないやうな気も起らないではなかつた。 ...
  • しかし現在の予は、すでに過去の予と違つて、全精力を創作に費さない限り人生に対しても又予自身に対しても、まないやうな気がしてゐるのである。 ...
  • りよは一瞬、済まないやうな気がした。 ...
  • それに『将来有望』と附加しなければ気が済まないやうな型だ、何かしら次に出て来なければならない筈だといふ批評的立前から、ものを言つてゐるのである、『神泉氏は恐らく昨今に於ては、一つの転機に立つてゐるのではないかと思はれる』といつた批評がこれまで幾度となく繰り返されてきた。 ...
  • 云はねば済まないやうに瑞木も云つた。