清める

全て 動詞
354 の用例 (0.01 秒)
  • その結果、あなたの考えはきれいに清められたようになっているはずだ。 アラン/宗左近訳『幸福について(下)』より引用
  • あんなに小さな体を清めるのにそんなに長い時間がかかるものだろうか。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • ともかくもそのたききよめたいと、ちかよつてはだかになりたきたれてみた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 01 20080623』より引用
  • これを聞いて周王も道を掃き清めて出迎え、郊外まで人を出して迎えた。
  • 公署のなかは、すっかり掃き清められ、もとどおりの状態になっていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • けれどもその人の罪は、その人の描いた物で十分に清められるものだと思う。 夏目漱石『模倣と独立』より引用
  • ひきかえすまえに、体を清めたらなにかいいことがあるような気がした。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • ほぼ一時間かけて体を清め、髪にドライヤーをかけていると電話が鳴った。 渡辺淳一『メトレス 愛人』より引用
  • どんなにこころを清めても、魔である生まれを消し去ることはできない。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁 第3巻』より引用
  • 参拝する前に、本来は神の前に向かう前に心身を清める禊が必要である。
  • 家の中はきれいに掃き清められていて、畳が竹の皮のような色を放っている。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 鼠というものは昔から、地上を清めるために生息しているものなんだ。 横光利一『上海』より引用
  • 奉仕する者はむしろ清めの機会を与えてくれた相手に感謝しなくてはならない。
  • 聖池は神殿の儀式を行なう前に、神官たちが自身を清める場所であった。
  • 何はなくても、通夜のあとのお清めの酒ぐらいは用意しておかねばならない。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • われわれは身体じゅう洗い清めると、また鍵をかけ、ベッドにはいった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 赤座に抱かれて汚れた体を俊行が清めてやる、というだけのつもりだった。 峰隆一郎『新潟発「あさひ」複層の殺意』より引用
  • ニュピの三日前に、すべての寺院の神の肖像は川に運ばれて清められます。 田口ランディ『オクターヴ』より引用
  • ギリシア・エジプトの魔術教書をもとに、清めの過程をご紹介しよう。 桐生操『黒魔術白魔術』より引用
  • 本来ならば、海水や川の水をもって身体を清めないと神に近づけなかった。 阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』より引用
  • 次へ »