添字記法

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 上付き添字記法は、特に群論において、共軛変換を表すのにも用いられる。 ...
  • これを添字記法などと呼ぶこともある。 ...
  • ベクトルの成分に関する添字記法を用いるならば、これは と書くこともできる。 ...
  • 添字記法で書けば、階数 のテンソルとは なる形のテンソルということになる。 ...
  • 一般に任意個数の変数を扱う場合には、用意する記号の都合上、添字記法に従う方が支配的である。
  • 抽象添字記法において、二つのテンソルの縮約は同じ項の因子として両者を併置することで表される。 ...
  • 数学およびプログラミングにおける添字表記法あるいは添字記法とは、行列のような配列の特定の要素を示すために用いられる記法である。 ...
  • 基底依存の添字記法については、を参照。 ...
  • 多くの場合、添字は添字記法と呼ばれる、典型的には記号の上方や下方に置かれ、本文に用いられる文字よりやや小さな文字や数字を用いる記法に従って書かれる。 ...
  • Egisonはアインシュタインの縮約記法を含むテンソルの添字記法をサポートしている。 ...
  • 抽象添字記法において、EFE は次のように表される。 ...
  • 必ずしも冪指数とは限らない添字 n をその基準となる文字 x の右肩に乗せる添字記法を指数表記・冪記法などとよぶ場合もある。 ...
  • 列a に対し、自然数i の写像a による像 aは添字記法にしたがって a i などと記されるのが通例である。 ...
  • 内部積も添字記法で書くことができる。 ...
  • 数学において多重指数記法は、添字記法を順序組を用いて多重化する表記法であり、多変数微分積分学、偏微分方程式論、シュヴァルツ超関数論などの分野において、主に整数冪の冪指数などの添字を多重化した多重指数、多重添字を用いて様々な式の表記を簡潔にする。 ...