淹れましょう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 「コーヒーをれましょうか」 彼は近づいていって、そういた。 ...
  • 「お茶、れましょうか」 「頼むよ」 美沙子は台所の方へと立って行った。 ...
  • 「お茶れましょう」 えり子が立ち上がって、給湯室に向かった。 ...
  • 「コーヒーでもれましょうね」 と私は立ち上った。 ...
  • お茶でも淹れましょう。
  • 「よくここがわかりましたね」 「僕に自由と力があったら、もっと早く会いにこられたのに」 「お茶を淹れましょう」僕から目を逸らし、彼女は立ち上がった。
  • それが夫婦めおと茶碗になっていて、深夜、寝るまえに、まあお茶でもれましょうかということになって江戸一のピーセンかなんかのかんをあけて、夫婦でしみじみとお茶を飲むなんて図を想像してごらんなさいましな。 ...
  • みなさん、お茶のおかわり淹れましょうか?
  • お茶をれましょう、だの、テーブル・クロスをどうとかだの。 ...
  • 「おかわりれましょうね」 あたしの心のつぶやきを知ってか知らずか、ツクツクさんはほとんど空っぽのカップにお茶を注ぎ足した。 ...
  • こんな時、 「お茶淹れましょう」 と進んで席を立つのは、その場でまだ一番役に立たない、新入社員の役目。 ...
  • 「お茶、れましょうか」 そんな薫子に、奏は優しく笑い掛ける。
  • 「お茶でも淹れましょうか」 「いや、いい」 伊織がテレビへ視線を向けたまま答えると、笙子は明りをさけるように顔をそむけながら、前のソファに坐った。 ...
  • 「汽車土瓶で飲んだお茶はおいしかったでしょうね」わたしがつぶやくと、 「お茶れましょうかね」と言いながらセンセイはついと手をのばした。 ...
  • 「ああ言えばこう言う」 「とにかく、温かいお茶をれましょう」西之園は立ち上がった。
  • 「じゃあ、淹れましょう」山吹が立ち上がる。 ...