深山幽谷先生

6 の用例 (0.00 秒)
  • それを深山幽谷先生がひろいあげたということだが、幽谷先生も一応先輩の礼をとっている。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用
  • と、ばかりに満々たる自信をもって、やって来たのが、吉祥寺にある深山幽谷先生の住居である。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用
  • と、こういうわけで、梟座のレヴューのなかに、深山幽谷先生とその一党が、映画仕立ての怪物団となってあばれることになったのだが、この企画はたしかに当った。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用
  • と、柳眉りゆうびを逆立て、足音もあららかに入って来給うたのは、これぞまさしく深山幽谷先生のひとり娘で、幽谷先生の名マネージャーであるところの恭子さんであった。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用
  • 深山幽谷先生の大演説がおわったとたん、満場は水をうったごとき静けさとあいなった。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用
  • 等々力警部は眼をまるくしたが、そのときやおらかたわらより、咳一咳、おもむろに言葉をはさんだのは、ほかならぬ深山幽谷先生である。 横溝正史『びっくり箱殺人事件』より引用