深める

全て 動詞
1,707 の用例 (0.01 秒)
  • 星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。 川端康成『雪国』より引用
  • そして何かやっぱりあの輪論が私におこさせた疑問が一層深められます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • という点についてはそれぞれの思惑もあって対立を深めることになった。
  • いいながらもさらにまた一段とその決意を深めていくような様子だった。 正岡容『小説 円朝』より引用
  • それが母子の愛を深め、感謝と信頼との原因となるのはいうまでもない。 倉田百三『女性の諸問題』より引用
  • 宗一郎はそれらの人と会って、国際交流を深めるのを楽しみにしていた。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 彼女にしてみればこれから三泊四日の旅の懇親を深めたい意味もあった。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • その後、福岡市とは交換教育プログラムなどを通して交流を深めている。
  • その信頼を深め合ううちに久美子は雨村にかすかに抱いた疑惑を忘れた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 昔のことを繰り返しさらに怨みを深めるのは私達の本意ではない筈です。 国枝史郎『神州纐纈城』より引用
  • 医学は、いま彼等に決して緊要きんような事ではないという確信を深めましたよ。 太宰治『惜別』より引用
  • 女は、もっと深められる感覚についての予感を持っていないからである。 川上宗薫『感度の問題』より引用
  • もちろん、話しというのは、今までの関係をいっそう深める話であった。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • その心は国の方へ帰って行く人を見ることによって余計に深められた。 島崎藤村『新生』より引用
  • 旅行の予定地に対する多少の予備知識は、旅情を一層深めるものである。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • その印象をいっそう深めたのは、ホテルの中央部にある大ホールであった。 山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』より引用
  • 君の死のショックを一層深めるためには全く効果的な演出だったよ。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • 十年前、四人が急速に親しみを深めたあの夜の光景がよみがえってきた。 藤堂志津子『やさしい関係』より引用
  • 良経の歌に常に流れている孤独感と清澄な印象は、一層その感を深める。 大岡信『名句歌ごよみ〔夏〕』より引用
  • これまで儀礼とイデオロギーの研究が深められていなかったからである。 今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』より引用
  • 次へ »