深まる

全て 動詞
905 の用例 (0.01 秒)
  • というわけで、具体的な説明が得られてその料理に対する理解が深まる。 赤瀬川原平『ごちそう探検隊』より引用
  • カップ状の眼はさらに深まって部屋状となり、ピンホール眼が発達した。
  • なぞは深まるばかりですが、実は四巻も十二月発売じゃなかったりします。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • まさかこの秋も深まった時期に水の冷たい川で泳いできたって言うの? 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • 青爾との関係が深まるにつれ、私は近所の目を考えざるを得なくなった。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • そのくせ、それが文字であるという確信だけは、どんどん深まっていく。 山田正紀『神狩り』より引用
  • とりわけ急速に北中国を勢力圏としていくロシアとの対立が深まった。
  • 冬は週ごとに深まって、すでに膝丈に積もった雪にさらに雪をくわえた。 エディングス『マロリオン物語02 熊神教徒の逆襲』より引用
  • 秋が深まってきているとはいえ、この地方の冬のおとずれはまだ先のことなのだ。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • 巨大な都市の交通が、夜が深まっていく中で眠りのない河の上で続いていた。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • 十日ばかりこなかった間に秋は深まり、金木犀もいまが盛りなのだろう。 久世光彦『陛下』より引用
  • やがて深まりゆく夕闇のなか、カーターは過去からの声を耳にしていた。 ラヴクラフト全集6『08 「銀の鍵の門を越えて」』より引用
  • まだ寒さを感じるほどの季節ではないのだが、秋は急速に深まりつつあった。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用
  • いよいよ秋も深まりまして、夜ともなると暖炉なしでは過ごせませんな。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 年毎に、こういう味いが深まってゆくというのは、何としたことでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 特にシュコダ社だけにレース参戦が許可されるとこの思いは深まった。
  • まわりからは段々と人影がなくなっていって、段々と夜が深まっていく。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • たしかに旅に出て、霞とのあいだは以前とは比べようもないほど深まった。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • ここまで考えが深まったのだから、先生にはどんなことでも求められそうだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 汽車の進むにつれて、草吉の苦汁のやうな悒鬱は深まるばかりであつた。 坂口安吾『蒼茫夢』より引用
  • 次へ »