深々と身を沈め

27 の用例 (0.00 秒)
  • ため息とも煙ともつかぬ息を吐いて、彼は安楽椅子に深々と身を沈めた。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • わたしが運転席に乗りこむと、彼女はシートに深々と身を沈めた。 C・D・シマック『マストドニア』より引用
  • ご主人は一階の居間で、緑色の古びたソファに深々と身を沈めて、ぼんやりラジオを聞いていました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • イェルツは蝙蝠こうもりの形をした大きな革張りの椅子に深々と身を沈めて、ふたりを見つめた。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • カークはにっこり笑って、自分の席に深々と身を沈めた。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 小林は微笑を浮かべ、座席に深々と身を沈めた。 山田正紀『少女と武者人形』より引用
  • 中泉はそう言うと、いつもの椅子に深々と身を沈めた。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • こういって、ジュファスン・ホープは椅子に深々と身を沈め、次のような驚くべき供述をはじめた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 窓側にある捜査幹部席では、刑事課長らしき人物が回転椅子に深々と身を沈め、煙草を吹かしながら、書類に目を通している。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • これがあの、私が、伯爵邸の最初の訪問の際に見た安楽椅子に深々と身を沈めた、黒いレースのもとに物思わしげな面持をしたあれほど淑かで物静かな夫人と同一人であったろうか? ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 三人の老女中が寝室に駆けこむと、伯爵夫人が生きた心地もなげなようすではいってきて、ヴォルテール椅子に深々と身を沈めた。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • 黒革張りの椅子に深々と身を沈めている梶山警部の前で、私は直立不動の姿勢のまま、用件を聞くことになった。 佐竹一彦『よそ者』より引用
  • と、椅子に深々と身を沈めて、彼は思った。 小松左京『ゴルディアスの結び目』より引用
  • マンションオーナーはそれまで、ソファに深々と身を沈めたまま、店子たちのやり取りを黙って聞いていたのだった。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 大文字はカーライターの火をシガレットに移し、一息吸って座席に深々と身を沈めた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • 私は、そこへ深々と身を沈め、両手で、丸々とした肘掛けを愛撫しながら、うっとりとしていました。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • 車を運転しているせいもあるが、元来、酒の飲めない横田に比べて、後部シートに深々と身を沈めた長谷は、相当に酔っていた。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • しばしの間、私はアイボリー色の柔らかな革のシートに深々と身を沈め、フロントガラス越しにパネル張りの壁を見つめた。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 低いテーブルに清田と向き合って深々と身を沈めているソファーの横に、模造革の茶色いかばんが置いてあった。 半村良『産霊山秘録 下の巻』より引用
  • この日、橘は、これが彼の好みらしいのだが、制服の上にインバネスという変な恰好で、車室の隅に深々と身を沈め、絶えずポーのレーヴンか何かを口誦くちずさんでいた。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編01 本格推理Ⅰ』より引用
  • 次へ »