深々と身

40 の用例 (0.00 秒)
  • ため息とも煙ともつかぬ息を吐いて、彼は安楽椅子に深々と身を沈めた。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • わたしが運転席に乗りこむと、彼女はシートに深々と身を沈めた。 C・D・シマック『マストドニア』より引用
  • イリヤは彼女に五十セントの銀貨を投げ与え、藤椅子に深々と身を落着けた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • リアシートに深々と身を埋めると、疲れ切ったように目を閉じる。 森村誠一『大都会』より引用
  • ご主人は一階の居間で、緑色の古びたソファに深々と身を沈めて、ぼんやりラジオを聞いていました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • イェルツは蝙蝠こうもりの形をした大きな革張りの椅子に深々と身を沈めて、ふたりを見つめた。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • カークはにっこり笑って、自分の席に深々と身を沈めた。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 小林は微笑を浮かべ、座席に深々と身を沈めた。 山田正紀『少女と武者人形』より引用
  • 中泉はそう言うと、いつもの椅子に深々と身を沈めた。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • すると皆は、主君のお言葉に一同同意する旨をはっきりと示すために、三度地面まで深々と身をかがめて、お答え申しました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • こういって、ジュファスン・ホープは椅子に深々と身を沈め、次のような驚くべき供述をはじめた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 三階の受付で名前を名乗り、用件を伝えた流は、近くに置かれているソファに深々と身を静めた。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • 窓側にある捜査幹部席では、刑事課長らしき人物が回転椅子に深々と身を沈め、煙草を吹かしながら、書類に目を通している。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • これがあの、私が、伯爵邸の最初の訪問の際に見た安楽椅子に深々と身を沈めた、黒いレースのもとに物思わしげな面持をしたあれほど淑かで物静かな夫人と同一人であったろうか? ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 三人の老女中が寝室に駆けこむと、伯爵夫人が生きた心地もなげなようすではいってきて、ヴォルテール椅子に深々と身を沈めた。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • 黒革張りの椅子に深々と身を沈めている梶山警部の前で、私は直立不動の姿勢のまま、用件を聞くことになった。 佐竹一彦『よそ者』より引用
  • つまり、愛人の腕のなかに深々と身を投ずる立場から、自分が愛人を受けとめる立場に姿態を変えて見たいと思った。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • バス・ローブのシャアは、窓に面したソファに深々と身を任せて、目を通していた書類にサインをすると、右のサイド・テーブルの上の赤いトランクに入れた。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より引用
  • と、椅子に深々と身を沈めて、彼は思った。 小松左京『ゴルディアスの結び目』より引用
  • 安楽椅子に深々と身を埋めたなり、アシェンバハは眼前の美少年を眺めて心をりながら彼らの立ち上がるまでは腰を上げずにいた。 マン/高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』より引用
  • 次へ »