深々と腰

45 の用例 (0.00 秒)
  • 通りにいた住民は皆、両脇によけて、おれに向かって深々とこしを折った。 喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』より引用
  • 彼はパラオを見ることをやめて、シートに深々と腰をおろしていた。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 四十代前半と思われる太った医師が、一人掛けのソファに深々と腰をおろしていた。 奥田英朗『イン・ザ・プール』より引用
  • 彫りの深い顔をした兵士の長は深々と腰をかがめていった。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 椅子に深々と腰をおろし、萩生はあらゆる可能性を検討した。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • モーツァルトがお好きだった先生は、室内ではよくレコードをかけながら大きな椅子に深々と腰をかけ、本を読んでおられた。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • 彼は座席へ深々と腰をおろし、イリヤへニヤリとしてみせた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『10 空飛ぶスラッシュ』より引用
  • 俺は空席を見つけて、そこに深々と腰をおろし煙草を吸った。 豊島与志雄『ヘヤーピン一本』より引用
  • 椅子に深々と腰を沈めた玲子が顔も上げずに言った。 初野晴『水の時計』より引用
  • ポワロは、椅子に深々と腰をかけて、いつもの癖で、両手の指を合わせて、語り出した。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 東京やニューヨークにいて椅子に深々と腰を下ろしている重役たちは上杉あるいはサッシンが表に出て、会社のためにいかに大きな取引をなそうとしているかをよく知らない、そういうことはよくあることです。 松本清張『空の城』より引用
  • 俺が病室を出る時、また深々と腰を折って見送ってくれた、その姿を思い浮かべてみた。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • 柳士郎は私たちを椅子に掛けさせると、自身は奥の壁際におかれていた黒い革張りのソファに深々と腰を下ろす。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 土地のなまりのある言い方でそう言うと、深々と腰を折った。 森瑤子『秋の日のヴィオロンのため息の』より引用
  • 車のシートに深々と腰をおろし、祥子は重たいあくびをした。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • やがてほうっと溜息ためいきをついて深々と腰を落とした。 有沢まみず『いぬかみっ!11』より引用
  • 徳光は卓上の煙草入れから一本抜き、火をつけて、ソファーに深々と腰を落した。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • そして朝比奈さんは照れ笑いをしながら深々とこしを折った。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • ボルノス・カレンスキーは、座席に深々と腰をおろして眼を閉じながら、これから新しい住み家となるべき場所で自分や家族たちを待ち受けている生活に思いをはせた。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • モーニングを着た西郷隆盛は、深々と腰を下ろして動かない。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 次へ »