深々と息を吐き出し

10 の用例 (0.00 秒)
  • 深々と息を吐き出し、腕組みをしながら、勲は真っ直ぐに前を見ていた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 深々と息を吐き出し、手探りで隣の布団に眠っている和人の腕を探そうとした。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 夏季は、自分の動揺に気づかないらしい絵美ちゃんを横目で見、深々と息を吐き出した。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 女はそう言って、深々と息を吐き出した。 赤川次郎『キャンパスは深夜営業』より引用
  • ある時など、彼は「ああ」と天を仰ぐように深々と息を吐き出し、「僕は幸せ者だ」と呟いた。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 思わず深々と息を吐き出しながら、飽きることなく自分の顔を見つめていると、荒井院長の「どうですか」という声が聞こえた。 乃南アサ『躯(からだ)』より引用
  • それから、いかにも重そうな瞼をゆっくりと開き、深々と息を吐き出しながら、目の焦点を合わせようとする。 乃南アサ『躯(からだ)』より引用
  • 舞い散る雪の中、徐々に小さくなっていく小太郎の背中を見送りながら、富治は深々と息を吐き出した。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • アルベルトはコンソールに肘をつき、深々と息を吐き出した。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • 倉田は、深々と息を吐き出した。 赤川次郎『幽霊心理学』より引用