深々と息をつい

32 の用例 (0.00 秒)
  • 伸子は深々と息をついた。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • 宏子を、ベンツの中へ運び込んで、三神は、深々と息をついた。 赤川次郎『長い夜』より引用
  • 田村は深々と息をついた。 赤川次郎『忙しい花嫁』より引用
  • 朋子は深々と息をついた。 赤川次郎『かけぬける愛』より引用
  • 小西は深々と息をついた。 赤川次郎『眠りを殺した少女』より引用
  • 田所は深々と息をついた。 赤川次郎『殺し屋志願』より引用
  • 城戸は深々と息をついた。 赤川次郎『悪魔のような女 懐かしの名画ミステリー2』より引用
  • 加奈子は、深々ふかぶかいきをついて、ソファにぐったりとすわんだ。 赤川次郎『晴れ、ときどき殺人』より引用
  • フロントグラスや、前部窓の霜をウエスで充分にふきとり、運転席にすわると、深々と息をついてギアを入れた。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 品川は、深々と息をついた。 赤川次郎『花嫁の時間割』より引用
  • 聡子は、深々と息をついた。 赤川次郎『眠りを殺した少女』より引用
  • 津村は、深々と息をついた。 赤川次郎『泥棒物語』より引用