深々と息をつい

32 の用例 (0.00 秒)
  • 浩子は、少し黙っていたが、やがて天井に目を向けて、深々と息をついた。 赤川次郎『怪奇博物館』より引用
  • テレーズ・デスケルウは、裁判所の暗い裏廊下で顔に霧を感じ深々と息をついた。 モーリアック/遠藤周作訳『テレーズ・デスケルウ』より引用
  • 梶原は、手をつないで軽やかに行く妻と娘を見送って、深々と息をついた。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 渋沢は、そこまでを一気に話してしまうと、深々と息をついた。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 私は手近な席に腰をおろして、深々と息をついた。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 老人は一つ深々と息をついてから、言った。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 幸江は、深々と息をついて、まぶしいほどのさわやかな秋空を見上げた。 赤川次郎『ふしぎな名画座』より引用
  • 冬子は目を伏せて深々と息をついた。 赤川次郎『悪妻に捧げるレクイエム』より引用
  • 父は深々と息をついた。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • ケアルの言葉に、ワイズ・ギリと家令たちは深々と息をついた。 三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』より引用
  • 病院を出て、私は、深々と息をついた。 赤川次郎『幽霊心理学』より引用
  • うなずいて、和代はベッドに腰をおろすと、深々と息をついた。 赤川次郎『シングル』より引用
  • 三田村は、車にもたれて、深々と息をついた。 赤川次郎『殺人を呼んだ本 私の図書館』より引用
  • 智子は、深々と息をついて、座席にもたれた。 赤川次郎『眠りを殺した少女』より引用
  • 電話を切り、洋子は深々と息をついた。 阿刀田高『霧のレクイエム』より引用
  • 久仁子は思わず深々と息をついた。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 重松は深々と息をついて、じっと天井を仰いだ。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 智子は、深々と息をついて、頭をかかえてしまった。 赤川次郎『眠りを殺した少女』より引用
  • 応えて、玄児は深々と息をついた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 丹沢は深々と息をついて、言った。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • 次へ »