深々と息

124 の用例 (0.00 秒)
  • 浩子は、少し黙っていたが、やがて天井に目を向けて、深々と息をついた。 赤川次郎『怪奇博物館』より引用
  • 伸子は一つ深々と息をつくと、立ち上がって、バッグから辞表を出した。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • 深々と息を吐き出し、腕組みをしながら、勲は真っ直ぐに前を見ていた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • テレーズ・デスケルウは、裁判所の暗い裏廊下で顔に霧を感じ深々と息をついた。 モーリアック/遠藤周作訳『テレーズ・デスケルウ』より引用
  • アゼトブルは深々と息を吸いこみ、心を鬼にして悲しみをおもてに出さないようにした。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 男具那は深々と息を吸い、槍を操った時、峯の最頂部の板が激しく鳴った。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • 梶原は、手をつないで軽やかに行く妻と娘を見送って、深々と息をついた。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 一番辛いことを語り終えた、というように轟は深々と息をした。 赤川次郎『招かれた女』より引用
  • ジオンも連邦もない火事場の光景を眺め、ジンネマンは深々と息を吐いた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • 渋沢は、そこまでを一気に話してしまうと、深々と息をついた。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 彼は深々と息を吸いこみ、朝帰りに味わったあの感覚をふたたび甦らせた。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • 店の外へ出るなり、カークは深々と息を吸い込み、それをゆっくりと吐き出した。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 今の今まで気を張っていたソフィアは、深々と息をいた。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 水樹は深々と息を吸い込み、さっきから違和感があったモニタに目を移した。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 私は手近な席に腰をおろして、深々と息をついた。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 深々と息を吐き出し、手探りで隣の布団に眠っている和人の腕を探そうとした。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 老人は一つ深々と息をついてから、言った。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 星良は深々と息を吸いこんで眼を閉じた。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 高村は椅子に背をもたれさせ、肺から全ての空気を押し出すように深々と息をついた。 初野晴『水の時計』より引用
  • 幸江は、深々と息をついて、まぶしいほどのさわやかな秋空を見上げた。 赤川次郎『ふしぎな名画座』より引用
  • 次へ »