深々と刺し貫い

8 の用例 (0.00 秒)
  • 動きが止まったその胸を、今度こそふり下ろした敵の刃が深々と刺し貫いたのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • これも深々と刺し貫いたのは、槍の力か、遣い手の膂力りょりょくのせいか。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • 一メートルもの長刃は、男爵の右肺を深々と刺し貫いていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』より引用
  • 声も出せぬまま、アスナはただ、自分の上腹部を深々と刺し貫いた巨大な金属を見下ろした。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 黒光りするランスは、上腹のやや左側を深々と刺し貫いている。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 大太刀がけものの腹を深々と刺し貫いた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第02巻』より引用
  • 骨を断つはずの一撃はその裾のみを裂き、動揺と絶望に大きく揺らいだ上体を、下から撥ね上がった刀身が深々と刺し貫いていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター05 夢なりし“D”』より引用
  • 馬から飛び降りざまに突き出した鬼王丸の太刀は、無防備な背中側から、愚彊の身体を深々と刺し貫いている。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用