深々

全て 副詞
3,733 の用例 (0.02 秒)
  • 右手を上げながら、神名の方から挨拶あいさつすると、彼女は深々と頭を下げた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 3』より引用
  • この時園とおぬいさんとは生れて始めてのように深々と顔を見合わせた。 有島武郎『星座』より引用
  • 深々と頭を下げたが、勢いよすぎてカウンターに額をぶつけてしまった。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 九作は深々と挨拶あいさつをすると、回れ右をして足早やに部屋から出ていった。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 次の瞬間、別の一匹の爪があたしのマントを後ろから深々と貫いていた。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • アルルエンバーはその場に腰を下ろし、両手をつくと深々と頭をたれた。 古橋秀之『タツモリ家の食卓4(仮)』より引用
  • 平次は自分に言い聴かせるように、こう深々とした調子で言うのでした。 野村胡堂『銭形平次捕物控 08』より引用
  • 草川巡査と同じように憂鬱な顔になって、両腕を深々と胸の上に組んだ。 夢野久作『巡査辞職』より引用
  • その女性が深々と頭を下げても、拍手する老人は、七、八人しかいない。 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • 自分の体重で更に深々と含まされ、前の快感で忘れていた痛みが甦った。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • ふうっとひと息ついてから、客席とカメラに向かって深々と頭を下げた。 風野潮『僕はアイドル? 02 26』より引用
  • 深々とした安楽椅子に座った戦略家がそんなこと話すのを聞いたことがある。 ディック/仁賀克雄訳『ウォー・ヴェテラン』より引用
  • 法子は深々とため息をつきながら、半ば自分をあざけるように笑ってみせた。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 山辺先生は部屋の中にいるすべての人に向かって、深々と頭を下げた。 今野緒雪『マリア様がみてる 07 いとしき歳月(前編)』より引用
  • 僕は返したことをしっかり先生に知ってもらいたいので深々とうなずいて見せました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 尋ねようとした俺の目の前で、翡翠は深々と頭を下げて部屋を出ていった。 奈須きのこ『歌月十夜 54 ふかしのゆめ』より引用
  • 槍の穂は深々と突き刺さったが、逆に穂が抜けなくなってしまっていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 男は深々と頭を下げ、コナンに手綱たづなを手渡して船のなかへ戻っていった。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用
  • 青畳の上に深々と頭を垂れているのは、他ならぬ利絵だったからである。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • と言うハナに、中津先生は無言で深々と頭を下げ、静かに立って行った。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • 次へ »