淡鈍色

5 の例文 (0.00 秒)
  • 淡鈍うすにび色の喪服を玉鬘は祖母の宮のために着ていた。 ...
  • そんな物の間から見えるのも女房たちの淡鈍うすにび色の服、黄色な下襲したがさね袖口そでぐちなどであったが、かえってえんに上品に見えないこともなかった。 ...
  • 淡鈍うすにび色の喪服を着るのも夢のような気がした。 ...
  • 淡鈍うすにび色のあやを着て、中に萱草かんぞう色という透明な明るさのある色を着た、小柄な姿が美しく、近代的な容貌ようぼうを持ち、髪のすそには五重の扇をひろげたようなはなやかさがあった。 ...
  • 濃い喪服も淡鈍うすにび色も混じっているのである。 ...