涼しい木陰

20 の例文 (0.00 秒)
  • それならば涼しい木陰で座っているほうが好きだった。 ...
  • ポワロとロザリーは宿の門を出ると左へ曲って、公園の涼しい木陰へ入って行った。 ...
  • 涼しい木陰に車をとめて、地図をひろげ、道をたしかめていた父を思い出す。 ...
  • 涼しい木陰の草の中に横になって、いろいろなことを考えながらくつろいだが、どちらかといえば気楽な満足した気持ちだった。 ...
  • 涼しい木陰を抜け出すと、その少し前方に切り立った白い崖があり、その表面には多数の洞窟の口が蜂の巣状にあいていた。 ...
  • 移民たちはそこの冷たくて甘い味のする水、草、および何百マイルも進んで来て初めて目にする樹木の涼しい木陰に感謝した。 ...
  • 炎天下を避けて案内の者が閑叟公に涼しい木陰を勧めたのだが、栄寿が思っていた通り閑叟公は鉄路の直ぐそばに席を作らせた。 ...
  • あなたは豊かな枝を広げ、涼しい木陰を作り、あなたの愛するものたちを、そこで憩わせることができる。 ...
  • 兄貴もどこかの涼しい木陰で、今ごろアニタの肩を抱いて空を見上げているに違いない。 ...
  • 涼しい木陰から、猛暑の陽ざしの下へ出てきたのだ。 ...
  • 庭には、涼しい木陰があり、金色の光が揺らいでいた。 ...
  • わたしはそれらの木がよく枝を張って欝蒼と茂って、いちだんと涼しい木陰を作るように、つねに枝を刈りこんでいた。 ...
  • 例えば交通事故などでは要救護者を事故車から十分離した歩道や道路脇まで移動してから、熱中症では涼しい木陰や建物の中など直射日光が当たらない場所、火災や地震などでは倒壊や出火・延焼する恐れのある建物から十分離れた場所である。 ...
  • 門を通り抜け、遊園地の涼しい木陰に入ると、サイモンは口からパイプを離して言った。 ...
  • それからトムは昼まで眠るためすずしい木陰こかげにひきこもり、ほかの海賊たちはりと探険の準備にとりかかった。 ...
  • あんな涼しい木陰で果実を摘んで、ときにゃ一かじりやらかしてよ。 ...
  • カモシカ、赤シカ、巨大なボスの大群が肥沃な平原を移動していたり、あるいは公園然とした森の涼しい木陰にはいつくばったりしていた。 ...
  • 次へ