涙滴型船型

17 の例文 (0.00 秒)
  • 上記の経緯により、本型は涙滴型船型・1軸推進方式を採用しており、SSSと通称された。 ...
  • 船型は両型と同じ、涙滴型船型・1軸推進方式が踏襲された。 ...
  • 最終的には、従来の涙滴型船型を踏襲しつつ、雑音低減策を最優先としての開発が行われることとなり、これによって建造されたのが本型である。 ...
  • 水上航行能力を相応に重視していた在来型船型を改め、水中性能を重視した涙滴型船型を採用した初の艦級である。 ...
  • うずしお型以降の潜水艦では完全複殻構造・涙滴型船型が踏襲されてきたが、本型ではいずれも変更されて、部分単殻構造・葉巻型船型が採択された。 ...
  • 第3次防衛力整備計画で、海上自衛隊は涙滴型船型・1軸推進方式のいわゆるSSS型潜水艦の整備に着手した。
  • なお、昭和40年度計画艦については、アメリカ海軍のバーベル級と同様の涙滴型船型・完全複殻式・1軸推進方式を採用した新艦型への移行も検討されたものの、運用実績と安全性を考慮して第2次防衛力整備計画以降に持ち越されたことから、40・41SSは本型の設計で建造されることとなった。 ...
  • 本型は、涙滴型船型・1軸推進方式のいわゆるSSS型、構造様式は完全複殻構造と、基本的な設計思想ではうずしお型以来の方式を踏襲した。 ...
  • 海上自衛隊では、かつて、第2次防衛力整備計画の3年目にあたる昭和40年度計画で建造する潜水艦において、涙滴型船型・1軸推進方式への移行を検討していた。 ...
  • 従来の涙滴型船型では魚雷発射管が船体中部寄りに設けられていたが、より速い艦速での発射の要求に応えて、水中発射管を艦首尾線に沿って平行に装備したため、艦首形状が鯨の頭部のようになったものである。 ...
  • これは、非核動力潜水艦が活動するような低速域については涙滴型船型と同等の流体力学的性能を確保しつつ、長大な側面アレイ・ソナーを耐圧殻に直接固定できるように配慮した設計であり、本型でも踏襲された。 ...
  • 海上自衛隊では、第3次防衛力整備計画で建造に着手したうずしお型において、涙滴型船型・1軸推進方式のいわゆるSSS型潜水艦の整備に着手した。 ...
  • 本級では、先行するドラケン級で導入された新機軸である1軸推進方式に加えて、アメリカ海軍の「アルバコア」に範をとった涙滴型船型を導入した。 ...
  • また日本においても、昭和35年度より技術研究本部で艦船模型による水槽実験を重ねるとともに、工作上の技術的検討も進められた結果、第3次防衛力整備計画では涙滴型船型・1軸推進方式の潜水艦を建造できる目処がついた。 ...
  • 同型では第2次世界大戦中のS型潜水艦に連なる、相応に水上航走性能を重視したマッコウクジラ型船型・2軸推進方式が採用されていたのに対し、本型では、流体力学的に合理的で、水中運動性能に優れる涙滴型船型・1軸推進方式が採用された。 ...
  • 一方、アメリカ海軍においては、1953年に涙滴型船型・1軸推進方式の実験潜水艦「アルバコア」を就役させたのち、1959年より、その成果を反映したバーベル級潜水艦を艦隊配備していた。 ...