涙を誘う

59 の用例 (0.00 秒)
  • この家でここだけに悲しみが集まっているようで、真樹子も涙を誘われた。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • 私はモラーリッシュなできごとにいちばん興奮し涙を誘われるものである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • この場面は世界中の人々の涙を誘い、長く記憶されることとなった。
  • 出てこない涙を誘うように、うえーん、と子どものように声を出してみる。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • 彼らの美しい恋のロマンスに聴き入って、私はしばしば涙を誘われた。 葛西善蔵『遊動円木』より引用
  • 侮辱を受けたと感じ、その侮辱に対して無力であることが涙を誘ったのだ。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • と、夫人が母堂にとりすがる場面もあり、ヤマニ家の人々の涙を誘った。 星亮一『最後の幕臣 小栗上野介』より引用
  • 息を引き取った彼女が水の中に沈んでゆく映像が世界中に報道され、多くの人の涙を誘った。
  • 四千万視聴者が思わず涙を誘われた瞬間だった。 天藤真『大誘拐』より引用
  • そしてその手紙を読んでいる中に気強いお兼も、いつか涙を誘われずにはいられなかった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 鈴木の老いの目からときどき涙が透明の線となって流れ、それが迫水の涙を誘った。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 未亡人の横にすわっている二人の幼児が、列席した人々の涙を誘った。 小林信彦『紳士同盟ふたたび』より引用
  • これらのことは世の人々の涙を誘ったという。
  • 特に涙を誘うような感動的なシーンでは頻繁に使われる。
  • 一斉に合唱しているこの鳥籠の鳥は、これまでに知られたように一度に二人の人間の涙を誘う。 ビアス/奥田俊介・倉本護・猪狩博訳『悪魔の辞典』より引用
  • それに不思議はなかったが、遺族の参列には、改めて涙を誘うものがあった。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • これに加えて北川は、観客の涙を誘うようなメロドラマ的な展開の多さを指摘している。
  • この光景は見ている人すべての涙を誘った。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • その際にスタジオにいた出演者・スタッフのみならず多くの視聴者の涙を誘ったこの場面は番組史上に残る絶唱として番組が終了した現在もなお語り草となっている。
  • 一つ一つ涙を誘う祭詞の響は今も尚私の胸に残って居る。 宮本百合子『悲しめる心』より引用
  • 次へ »