涙を浮かべる

46 の用例 (0.00 秒)
  • 母は涙を浮かべているけれども、まだ希望を捨ててはいないらしかった。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 一人だけは残したが、その一人も、今は鼻を折られて涙を浮かべている。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • 笑顔を浮かべているはずなのに、映っている私は涙を浮かべているのです。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 二人を乗せた電車が駅に着くと綺麗な夕暮れが孤独な涙を浮かべていた。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • その間も、春香はるかはずっと目になみだかべたまま俺の手をにぎってくれていた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • イーブは涙を浮かべたチョン子がいま不安でしようがないのだと思った。 中上健次『讃歌』より引用
  • ただ小さなグラチア一人が、涙を浮かべるほどその音楽に感動していた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼女だからこそ涙を浮かべて聞いてくれるが、イイ気にならぬがよい。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 目のはしに少しなみだかべながら、瞳亜がしてやったりとみを見せる。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • 目にうっすらと涙を浮かべてこちらをじっと見つ めてくる晶ちゃん。 奈須きのこ『歌月十夜 24 スーパーヒロイン大戦α外伝』より引用
  • ゲッベルスの日記によるとヒンデンブルクは眼に涙を浮かべていたという。
  • 熱と光と温度のある風の中、かすかに目に涙を浮かべ、震えながらも、だ。 川上稔『AHEADシリーズ 05 終わりのクロニクル③〈上〉』より引用
  • 生徒は目に涙を浮かべて助けを求めたが、ロムニーは髪を切り続けたという。
  • 彼女は二人の不安そうな顔を悲しげに見やり、眼にいっぱい涙を浮かべた。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 目に涙を浮かべて言うのですが、慶左衛門は、この言い分に腹が立つ。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 目に涙を浮かべた佐々木さんの訴えは全員の注目を集めて、場を支配していた。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • うっすらと涙を浮かべている昭の白い顔を見ると、そうするしかなかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 下までおりたとき、ルイスはくやしくて震えながら目に涙を浮かべていた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会2)闇にひそむ影(TXT)』より引用
  • 女の一人が、あいている主の手を取って、目になみだを浮かべてこう言ったのである。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 笑いすぎてなみだを浮かべながら、楸瑛は奇妙きみょうな形の饅頭に手をばした。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • 次へ »

涙を浮かべる の使われ方