消防法により危険物

17 の用例 (0.00 秒)
  • 可燃性があり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 引火性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 可燃性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 日本では消防法により危険物第4類の引火性液体に分類されている。
  • また日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 可燃性を持ち、消防法により危険物第4類の第3石油類に指定されている。
  • 日本では、消防法により危険物第四類に指定されている。
  • 日本では消防法により危険物第4類引火性液体に指定されている。
  • 日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • ほかに、消防法により危険物に関する許認可事務を消防機関が担っている。
  • 日本国内では消防法により危険物第1類に指定される。
  • 引火性、発火性があり、日本では消防法により危険物第5類に指定されている。
  • 日本では毒物及び劇物取締法により劇物に、消防法により危険物第4類に指定されている。
  • また日本では消防法により危険物第5類に、毒物及び劇物取締法では毒物に指定されている。
  • 無機過酸化物は消防法により危険物第1類に指定されている。
  • ブタノール類はいずれも可燃性であり、日本では消防法により危険物第4類第2石油類に指定されている。
  • 日本の法令では、毒物及び劇物取締法により劇物、消防法により危険物第4類第2石油類に指定されている。