消防法では危険物

24 の用例 (0.00 秒)
  • 日本の消防法では危険物第4類第3石油類に該当する。
  • 水との接触により爆発的に反応し、メタン等の可燃性炭化水素や金属の水素化物を生じることから日本の消防法では危険物第3類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第3石油類に区分され、揮発性有機化合物にも該当する。
  • 日本の消防法では危険物第4類、第三石油類に分類される 眼・皮膚・気道に腐食性があり、蒸気を吸入すると肺水腫を起こす場合がある。