消防法では危険物

24 の用例 (0.00 秒)
  • 引火性があり、日本の消防法では危険物第4類・第2石油類に分類される。
  • 引火性が強く、日本の消防法では危険物第4類・第1石油類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第2石油類に指定されている。
  • 日本の消防法では危険物第4類、第三石油類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類・第2石油類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第2類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第3石油類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第二石油類、毒物及び劇物取締法では劇物に区分される。
  • 日本の消防法では危険物第4類・第2石油類、毒物及び劇物取締法では劇物に分類される。
  • 日本の毒物及び劇物取締法では劇物、消防法では危険物第4類第3石油類に指定されている。
  • 日本の消防法では危険物第4類・第一石油類、毒物及び劇物取締法では毒物に指定されている。
  • 日本の消防法では危険物第4類第3石油類、毒物及び劇物取締法では劇物に区分される。
  • 日本の消防法では危険物第4類・第3石油類、毒物及び劇物取締法上は劇物に区分される。
  • 化学構造がヘキソーゲンに類似し、加熱や衝撃による発火のおそれがあるため日本の消防法では危険物第5類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第2石油類に区分される。
  • 日本の消防法では危険物第4類・第3石油類に該当する。
  • 日本の毒物及び劇物取締法では毒物に、消防法では危険物第4類第3石油類に分類される。
  • 水との接触により爆発的に反応し、メタン等の可燃性炭化水素を生じることから日本の消防法では危険物第3類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第1類に該当する。
  • 日本の消防法では危険物第4類、第1石油類に区分される。
  • 次へ »