海軍飛行予備学生

17 の例文 (0.00 秒)
  • 今度世に出た第十四期海軍飛行予備学生の遺稿集の中に、遺族の頁がある。 ...
  • 海軍飛行予備学生の制度が発足したのは昭和九年で、第一期生五人が十一月に採用されている。 ...
  • 「海軍飛行予備学生」はこの悪循環にリンクされた、〝黒い若桜〟であった。 ...
  • パイロットの絶対的不足を補うために採用されたのが、学生出身の「海軍飛行予備学生」である。 ...
  • 海軍飛行予備学生となり、海軍中尉で解員し帰郷した。 ...
  • ロバート・ウッドは一九四一年四月十五日、海軍飛行予備学生としてフロリダ州ペンサコラの訓練航空基地で猛訓練を受けていた。 ...
  • テレビドラマ・映画いずれも、海軍飛行予備学生十四期会による遺稿集『あゝ同期の桜・帰らざる青春の手記』を原作としている。 ...
  • それでも選抜されない場合もあり、海軍飛行予備学生第13期の土方敏夫少尉の場合は、3回志願したがついに選抜されることはなかった。 ...
  • ナレーターの西村晃は同じ第14期海軍飛行予備学生出身者であり、脚本には同じ第14期出身の須崎勝弥、第13期出身の直居欽哉、監督に中村経美、関川秀雄ら直接戦争体験を持つスタッフを起用している。 ...
  • 筑波海軍航空隊では海軍飛行予備学生の訓練生に志願が呼びかけられたが、特攻に志願しないと飛行機に搭乗することができず、防空壕掘りか、代用燃料の松根油の材料であった松の根掘りに回されるという噂が立ち、自尊心から特攻を志願した者もいた。 ...
  • 第十三期海軍飛行予備学生出身。 ...
  • 大西像はとにかくとして、「特攻」は〝政治〟であったから、まさにそれだから、海軍飛行予備学生は「お母さん、これは犬死ではありません」と遺書に書けたのだ。 ...
  • 海軍兵学校卒の航空士官の補充が到底追いつかなくなった海軍は、海軍飛行予備学生を大量に航空士官として採用せざるを得ず、1943年9月に従来の、大学・旧制高等学校・旧制専門学校卒業見込生という基準を緩和して、旧制師範学校の卒業見込生も有資格者とした。
  • 終戦後に、米国戦略爆撃調査団は特攻に対して詳細な調査を行ったが、海軍兵学校卒の現役士官4名、学徒出陣の海軍飛行予備学生2名に対して、特攻の志願について事情聴取を行っている。 ...
  • 「あゝ同期の桜」は海軍飛行予備学生十四期会による遺稿集『あゝ同期の桜・帰らざる青春の手記』をドラマ化したもので、ドラマの中で予備学生たちの憧れの女性役を演じ、本名の「田島薫」で6月1日放映の第9話からレギュラー出演した。 ...
  • 地元の田川中学から、興亜専門学校に進み、卒業後、海軍飛行予備学生となり、三重県鈴鹿海軍航空隊で特攻隊の教官をする。 ...