海を眺める

54 の用例 (0.00 秒)
  • 遠くに海を眺める部屋に案内され、荷物をおいたが、私は落ちつかなかった。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • 彼女の姿は、まるであらしの海を眺める老入のように少しも動じない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • がらんとした部屋で一人、周吉は静かな尾道の海を眺めるのだった。
  • そうして当座の仕事というものは、毎日毎日海を眺めることです。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 遠く、海を眺めると黒っぽい雲が海の上にカーテンを引いたように漂っている。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • ホームから広い海を眺めることができ、駅周辺は鉄道写真の撮影名所の一つとして鉄道ファンの間に知られている。
  • 私は眼を上げて、ココ椰子やしの向こうの砂浜とそれに続くくれなずむ海を眺める。 森瑤子『香水物語』より引用
  • ほとんどの部屋から海を眺めることができる。
  • 等間隔に街灯とベンチが設置され、静かに海を眺めることができる。
  • 彼はたて長のはめこみ窓の外の暗い海を眺める。 森瑤子『渚のホテルにて』より引用
  • 昼食の後、療養所の敷地しきちにある庭へ出て、こうして海を眺めるのが彼女の日課にっかだった。 三上延『シャドウテイカー5 ドッグヘッド(完)』より引用
  • 朝、彼はベッドから起きあがると、まず南側の窓のブラインドの隙間すきまから海を眺める。 原田宗典『人の短篇集』より引用
  • ホームからオホーツク海を眺めることができ、以前は附近に海水浴場があったが閉鎖されている。
  • という声が耳に入って、東吾はさりげなく橋の袂で足を止め、海を眺めるような恰好で二人の男の様子を窺った。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • 一枚か二枚だけ書いて、茫然自失して海を眺めるということが、どんなものかは、本人でなければ絶対にわからないことだ。 森瑤子『渚のホテルにて』より引用
  • 落着いて海を眺める気にもなれなかつた。 吉江喬松『伊良湖の旅』より引用
  • 一日に一度、たとえ三十分でもいいから、崖にのぼって海を眺めることができたら、どんなにか素晴らしいことだろう。 安部公房『砂の女 (末尾補完)』より引用
  • それから毎日、倒木を渡ってこの斜面にすわり、海をながめるのが私の日課となった。 大岡昇平『野火』より引用
  • いつでしたか、いちばん後まで残り、バック台をしまってからも、皆、降りて行ってしまうまで海を眺めるふりをし、誰もいなくなってから、体育室に入ってみました。 田中英光『オリンポスの果実』より引用
  • もっとも、チマが嫁に来た時は、こんなふうに窓から遠くまで海を眺める丘の上ではなくて、この丘の崖下がけしたの浜に建っていた。 三浦綾子『母』より引用
  • 次へ »