海を眺め

468 の用例 (0.01 秒)
  • 万俵はたち上って、向いのビルの間から見える神戸港の暗い海を眺めた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 毎日毎日こんな海を眺めていたら、たいへんに幸福でいられる人間もいる。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • 真鶴は女である最後の一日を三重城ミーグスクいただきで海を眺めて過ごすことにした。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 海を眺めてゐるのは恰好だけで、私の眼は貸家札を探してゐるのである。 高田保『貸家を探す話』より引用
  • 踊童子のあの目の切なさ、今彼女は男が去った海を眺めているのだろう。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 私は煙草をつけながら漁船のともに腰を下して海を眺めていました。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 浜坂の町の背後の宇都野うづの神社の丘に立って海を眺めた感じとも違っていた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 岸本は側へ来て立つ牧野と並んで、二人で甲板の上から海をながめて行った。 島崎藤村『新生』より引用
  • 広島湾の水も、昔のようにきれいではないが、海を眺めているといい気分だ。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • かくばかり胸の痛むかな 廿五の女は海を眺めて 只呆然となり果てぬ。 林芙美子『蒼馬を見たり』より引用
  • 彼等は部下に命じて海を眺めている二人の後姿を写真にとらせた。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 町に背を向けて海を眺めていると、心の中は平和で満たされてくる。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 白波ひとつ立てぬこの海を眺めながら、玉子は今、なぜか不安になった。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • ふたりは明らかに何かをやり遂げた人間の顔をして、静かに海を眺めている。 西尾維新『刀語 04 第四話 薄刀・針』より引用
  • 時々、筆を休めて海を眺めたりもしましたが、同じところにいました。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 夢をかなえて老夫婦二人で海を眺めながらのんびりと暮らしていたのである。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 気の合う仲間たちと船の上で、こんなふうに暗い海を眺めているのだろうか。 三浦真奈美『風のケアル 第5巻 旭光へ翔ける翼』より引用
  • しばらく目を細めて朝日に輝く海を眺めていたあとでキッチンに向かう。 大石圭『飼育する男』より引用
  • ずっと何日も海を眺めていると、世界には海しかないように思えてくるものなのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 加藤はそのままの姿勢でいつまでも海を眺めていたかった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 次へ »