海から切り離さ

10 の用例 (0.00 秒)
  • 砂丘によって海から切り離されて出来た湖である多鯰ヶ池がすぐ南東にある。
  • 内陸部には砂丘によって海から切り離された薩摩湖や正円池などの海跡湖がある。
  • フレジュスの丘は現在よりも内陸にあり、湿地帯で海から切り離されていた。
  • 海から切り離されて淡水となった湖には、海産の群の特殊なものが出現する場合があり、海跡動物と呼ばれる。
  • さらに15世紀、港が堆積され海から切り離されたことで、海への行き来がさらに困難になった。
  • 現在、市は海から切り離されたが、中世初期までラヴェンナはアドリア海の重要な海港のままだった。
  • 地盤の隆起で次第に海から切り離されできたため、湖にのまれたり陸に乗り上げる舟があった。
  • とても浅い環礁は乾いたサンゴによって海から切り離されており、満潮の時でも環礁をボートで横切るのが困難である。
  • 古代の太湖は東シナ海の一部であったが、長江と銭塘江が運ぶ土砂で沖積平野が形成された結果、海から切り離された潟湖となり、やがて雨量の多さや流入する無数の河川の淡水によって次第に淡水湖となっていった。
  • プロヴァンの町をケルガランの潟に流れ込む川が横断し、砂利の砂丘によって海から切り離されている。