浴びせる

全て 動詞
657 の用例 (0.00 秒)
  • あなたが涙を流して歓喜するような愛の言葉をたくさん浴びせてくれる。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • ポワロ氏は人々の心の底を見抜くような鋭い視線を一人一人に浴びせた。 クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』より引用
  • 体の中に走った衝撃と、外に浴びせられた熱さをふるふると耐えている。 奈須きのこ『歌月十夜 08 タナトスの花』より引用
  • その両脇に立つ柱から白熱ビームが彼女の顔に緑色の光を浴びせている。 ジェイムズ・ブリッシュ『06 禁断のパラダイス』より引用
  • どんなものかと注目を浴びせられると、ここに来る前に散々に言われた。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • マメちゃんに皮肉を浴びせられたとは、露ほどにも思っていないらしい。 黒川博行『二度のお別れ』より引用
  • あの、水場にいた少女が、老僕に口こごとを浴びせながらはいってきた。 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • 自分に浴びせられた罵声ばせいの意味を、即座には理解しえなかったのである。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 身づくろいをしている州波の背中に、また宮島から言葉が浴びせられる。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • まだ情報に飢えている記者たちがガラス戸越しに質問を浴びせている。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 工場や都市部などの戦略目標に爆撃を浴びせる戦略爆撃と対比される。
  • 今まで一度も質問にきたことのなかった生徒が、早速質問を浴びせてきた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 背中を向けて歩きだした父に罵声ばせいを浴びせたのは、私ではなく彼女だった。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 期待していたくせに、俺は頭から冷水を浴びせられたような気分になった。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 私はカウンターの内側で煮えたぎっているヤカンの湯を彼等に浴びせる。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • いわゆる、そののためであった、女に血を浴びせるような事の起ったのは。 泉鏡花『第二菎蒻本』より引用
  • わざとほうきのさきで雷横へ砂をぶッかけたり水を浴びせてた奴もある。 吉川英治『新・水滸伝(三)』より引用
  • 何度も何度も冷たい水を顔に浴びせると、少しずつ頭がすっきりして来る。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 同じリポーターが何度も電話してきては、同じ無神経な質問を浴びせる。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • 傍聴者の群れは第一院子に移って、僧たちに怒りの罵声を浴びせていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • 次へ »