浴びせかける

全て 動詞
188 の用例 (0.01 秒)
  • 私は他人に対してあれこれと質問を浴びせかけられる立場にはないのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 倒れた敵兵と一緒に来ていた連中が、コンドンに白い光を浴びせかけた。 眉村卓『不定期エスパー6』より引用
  • 口を挟まないって約束だったのに、次々と質問を浴びせかけたのは誰よ! 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 新聞記者連中が、いろいろあなたに質問を浴びせかけるでしょうからね。 ガードナー/能島武文訳『ビロードの爪』より引用
  • 批判者たちが彼に怒号を浴びせかけたのは主にその部分についてであった。 竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』より引用
  • つぎに男たちは煮えたぎった湯を運んできて、黒い死体に浴びせかけた。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • ところが老紳士のほうは、籠にいっぱいあったのを私の顔へ浴びせかけた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • どれほど激しく罵声を浴びせかけられても、そんなものは知れたことだ。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 悠長に鏑矢など射てる間に敵は接近して何倍もの矢を浴びせかけるんだ。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • とげとげしい視線を背中に浴びせかけられつつ、わたしたちは外へ出た。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • そのノズルを福島に向けて、消火剤を福島に浴びせかけてきたのである。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 軽く頭を下げて立ち上がると、背中からさらに質問が浴びせかけられる。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • こういったような言葉が同時に、ブリスバーンの話に浴びせかけられた。 クラウフォード・フランシス・マリオン『世界怪談名作集』より引用
  • まだ透明のままの天使には、霧香が光を浴びせかけ、正体を露見ろけんさせる。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 口々に、一体何がどうなったのか知っているかと質問を浴びせかける。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • これ迄よりずっと近くなった敵に、ぼくたちはレーザーを浴びせかけた。 眉村卓『不定期エスパー6』より引用
  • ぼくもわたしもおれもと、子供たちはつぎつぎに質問を浴びせかけてくる。 西野かつみ『かのこん 第07巻 ~さよなら、オオカミ~』より引用
  • といったような質問をものの二十分間くらいわたしに浴びせかけるのだった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 嵐のように声を浴びせかけられたと思ったのも瞬間であった。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 水を浴びせかけられた少年は何が起きたか分からないという顔で茫然ぼうぜんとしていた。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • 次へ »