浮き浮きと弾ん

4 の用例 (0.00 秒)
  • 私は急いで、おまえだって自然免疫力は健康者の半分程度も戻っていないのだ、と自分に言ったが、私の細胞たちは勝手に浮き浮きと弾んでいるようだった。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • その声は、むしろ浮き浮きと弾んでいるように聞えた。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • ハスキーがかった桂巴絵の声は、なんとなく浮き浮きと弾んでいる。 梶山季之『罠のある季節』より引用
  • 彼は、浮き浮きと弾んだ声で応じる。 梶山季之『罠のある季節』より引用