浮き浮き

全て 名詞
542 の例文 (0.00 秒)
  • 今日は全く健康な感じで、休日らしい浮き浮きした気分だったのである。 ...
  • 浮き浮きした気持になったのはいっぱいの酒のせいかとも思った。 ...
  • 徐々に道づけられて浮き浮きとなって来た気分が一時に爆発したのであった。
  • さっきのふるえ声が、ふだんのとおりの浮き浮きした声にもどっていた。 ...
  • 渋谷へ着いても、その奇妙に浮き浮きとした気分は去っていなかった。 ...
  • 第三街の日本人までがライラックやミモザの花をつけて浮き浮きしていた。 ...
  • 私も自分がとてもいい香りをさせているので浮き浮きしていた。 ...
  • 今度こそ自分だけの世界をつくれるつもりで浮き浮きしていたことでしょう。 ...
  • その浮き浮きした様子が、僕にはがまんがならないのはどうしたことなのか。 ...
  • 心は浮き浮きしていて、家の中がひっそりと寂しいのも気にならなかった。 ...
  • 大志がとても喜んでくれたので、僕もいつになく浮き浮きした気分になった。 ...
  • 何しろ行き先は昔住んだ強味があるから、電話口で私も浮き浮きしている。 ...
  • けれども、シューホフは、運のよかった一日に浮き浮きした気分である。 ...
  • 先頭を切って入ってきたなかに、いやに浮き浮きした様子のエルトン氏がいた。 ...
  • 本来なら、結婚を前にして浮き浮きしているはずではないのか。 ...
  • 浮き浮きした気分が表情に現われ、それを生徒達が読み取ったのに違いない。 ...
  • 彼女は浮き浮きした気分で父の待つ家へと帰っていった。 ...
  • 次へ