浮かべる春香

8 の用例 (0.00 秒)
  • あわてた表情をかべる春香の格好かっこうは、つい一時間前に別れた時のままだった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第02巻』より引用
  • 目を開けると、そこには俺の手を両手でにぎめて目になみだかべる春香はるか姿すがたがあった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 頭の上にハテナマークをかべる春香はるかに、そう答えたのだった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第12巻』より引用
  • おどろいた表情をかべる春香に、リングの入った紙袋をわたした。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 困惑こんわくの表情を浮かべる春香はるか強引ごういんに後ろに下がらせて、俺は春香父の前に立った。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • 困惑こんわくの表情をかべる春香に、さらに男たちが迫ってくる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第02巻』より引用
  • 頭の上に小さなハテナマークをかべる春香とともに『稲穂の間』へと向かったのだった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第07巻』より引用
  • いまだ謁見台の真ん中でぽかんとした表情をかべる春香に。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用

浮かべる春香 の使われ方