浮かべるよう

43 の用例 (0.00 秒)
  • 何故、このような映像を頭の中に浮かべるようになってしまったのか。 夢枕獏『神々の山嶺 上』より引用
  • 悪魔は目玉だけをこちらに向け、半笑いを浮かべるようにしていた。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 私は年老いて孤独な自分の姿を想像で胸に浮かべるようになった。 島崎藤村『分配』より引用
  • たった今通ったばかりの商店街を頭に浮かべるようにして田村は首をかしげた。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • むしろ嫌なことがあればあるほど、彼女はその微笑みを浮かべるようにさえ思えた。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • それが今では戦闘中に笑み丁ら浮かべるようになっている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 02 5121小隊の日常』より引用
  • 少くとも暗夜の大海へ笹船を浮かべるようなことではないに違いない。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • 二十七歳の『彼女』が浮かべるような、そんな感じの、微笑だった。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 01』より引用
  • 王子の冗談に答えて、むりに口もとに浮かべるようなその微笑は! ルブラン/大友徳明訳『オルヌカン城の謎』より引用
  • 低い傘型かさがた屋根の上、月に影を浮かべるように、〝紅世ぐぜの王〟が一人、座っていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第13巻』より引用
  • 半七老人は表情に富んでいる眼眦めじりを少ししかめて、その当時のさまを眼に浮かべるように一と息ついた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 夜の暗闇に怯える子供を落ち着かせるために、母親が浮かべるような微笑にも見えた。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 静かな水面にそっと浮かべるように、夏子は短い言葉で答えた。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • 建物の数が減って高いビルがなくなってからというもの、緊張が解けた柔和な表情を浮かべるようになっている気がしたのだ。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • そいつは、レナがいつも浮かべるようなにこやかさで表情を崩した。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編』より引用
  • ニアデスハピネスを浮かべるようになった少女は、死もステーシー化も再殺さえも恐れない。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • その言葉を信じたフェニックスはその日から家の片隅で思いつめたかのような顔で不敵な笑みを浮かべるようになる。
  • ヘブン状態になると背景は虹色に光り、選手は恍惚とした表情を浮かべるようになる。
  • ペリー・メイスンは微笑を浮かべるような顔つきで尋ねた。 ガードナー/鮎川信夫訳『すねた娘』より引用
  • それはまるで、少し足りないヤツがかべるような、開けっぴろげなみだった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第01巻』より引用
  • 次へ »