浮かべるたび

4 の用例 (0.00 秒)
  • 脳裏に否定の言葉を浮かべるたびに、何かが俺のなかから吸い出され、奪われていくのを感じる。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 「ひどい人間もおるもんやねえ」と誰かが言ったのを、彼はいつでも、あの男を想い浮かべるたびに思い出す。 中上健次『岬』より引用
  • こうして志狼をおもい浮かべるたびに、自分はあの人をけがしているのだ、おとしめているのだと、身がちぢむ。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • 晃が裾をはぐった経帷子の下に横たわっていた二つの足、低い甲やうすい爪の形を瞼に浮かべるたびに、典代は身内から血が退き、手足に鳥肌が立った。 夏樹静子『風の扉』より引用