浮かぶ

全て 動詞
7,298 の用例 (0.01 秒)
  • 女は母親のふりをして、浮かばれずにいる子供たちの霊を呼んでいます。 小野不由美『悪霊シリーズ 2 悪霊がホントにいっぱい!』より引用
  • しかし母がそれを打ち掛けた姿は、今想像してもまるで目に浮かばない。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • しかし母がそれを打ち掛けた姿は、今想像してもまるで眼に浮かばない。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • それがどんな意味を持っているのか、まったく頭に思い浮かばなかった。 森博嗣『X 02 キラレ×キラレ』より引用
  • あまり想像したくはなかったが、可能性は一つしか思い浮かばなかった。 三上延『シャドウテイカー5 ドッグヘッド(完)』より引用
  • 頭に思い浮かぶことが、どうしても視下の社会の動きから影響を受ける。 阿刀田高『三角のあたま』より引用
  • 自負するわけではないが外交に明るい役人は自分以外に思い浮かばない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • のぞきこんでいる人々のひたいには、油汗あぶらあせたまのように浮かび上ってきました。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • 彼の顔を見ても、当然のことだろうが、いつもの微笑は浮かばなかった。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 一人でアパートの部屋にいると、頭に浮かぶのは直子のことだけだった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • そんな考えが相変らず思い浮かぶのは、ただの頭のゲームなのだろうか。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • しかしこの事があってから岡の事が時々葉子の頭に浮かぶようになった。 有島武郎『或る女』より引用
  • そうだなと父はわずかにうなずき、海に浮かぶ無数の島に視線を移した。 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • そのうち、何回も相談しあっているうちに、いい考えが浮かぶだろうさ。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • わかるだろう、これは凡百の語り部の想像に浮かびそうな行為ではない。 ドイル・アーサー・コナン『同一事件』より引用
  • 今、考えたところで、なんの解決も浮かばないことだけはわかっている。 加門七海『203号室』より引用
  • その笑顔は雨の図書館に浮かぶ、小さな太陽のようだとさとるは思った。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • いまにそのときの光景が眼に浮かびますが、僕はそれを取り出しました。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • 一人の人物のことを考えた時にかぶ感情かんじょうを、はらうようにして振られた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス06 レッド・ノクターン』より引用
  • けれど子供に別れて五年この方、一度も頭に浮かばなかったのである。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »