浜塩田

7 の用例 (0.00 秒)
  • この入浜塩田法は、赤穂のみならず瀬戸内の諸藩の塩田に伝わっていった。
  • えびす山の麓は、慶長4年に馬居七郎兵衛・大谷五郎右衛門が撫養地方ではじめて入浜塩田を築造した場所であると伝えられている。
  • 戦後における本土の製塩業は、従来の入浜塩田から、流下式と枝條架式併用への転換がほぼ終わった時期に、塩業近代化政策により、これまで塩田を利用していた全国の36工場が廃止され、イオン交換膜法製塩による全国の七工場の整備が終了したのは、本土復帰の前年の1971年12月であった。
  • 藩政においては文治政策に尽力し、種痘を実施し、万延元年には古江浜塩田を完成させるなどした。
  • 入浜塩田の発達とともに新規の塩田や既存の小規模塩田の統廃合を通じて規模の拡大が進められ、1町から1町5反の作業規模を持ち採鹹から煎熬までの一連の作業工程を自前で完結させることが可能となる生産者が現れるようになった。
  • 当時の泡瀬干潟は入浜塩田造成に適した干潟であり、塩田に対して年貢が課せられていた。
  • 瀬戸浜塩田の着工なども行なっている。