浚渫

全て 名詞
606 の例文 (0.02 秒)
  • いまや浚渫機の往復には、前よりも長い時間がかかるようになっていた。 ...
  • 名古屋港の浚渫砂により造成された土地であることに由来するという。 ...
  • その浚渫土は無害化されずに仮置きされたり、埋立てに利用されている。 ...
  • この工事は浚渫した砂で海浜を埋め、危険になった建造物を救っていた。 ...
  • 天保年間堺港付近の海・河川の浚渫、架橋工事によって港が整備された。 ...
  • ここから河口までは航行維持事業の一部として浚渫が行われている。 ...
  • これらも順次浚渫作業が進められ、1981年に浚渫作業を完了させた。
  • 浚渫する場所の土質・水深・地形などで用途別の船が使い分けられる。 ...
  • さらにこの構想に関連する話題として、名古屋港には浚渫土の問題が長年にわたり存在する。 ...
  • 使用先の両原子力発電所専用港湾では主に取水口付近の浚渫に使用している。 ...
  • 一部は航路を確保するために浚渫によってより深く掘られている。 ...
  • これは島の周囲の湾内を浚渫した際の残土で埋め立てたことによる。
  • 港の浚渫案が出されるが何年も実現していない。 ...
  • ただし通航量の増大が予想されるため、この区間においても浚渫や拡張を行う。 ...
  • 水深は浚渫によりかなり上流まで約5メートルで維持されている。 ...
  • 従来からの浚渫設備ではおよそ25メートルまでしか浚渫できない。 ...
  • なお、ヘドロが堆積している箇所では浚渫による浄化作業が行われている。 ...
  • 次へ