浅学

全て 名詞
61 の例文 (0.00 秒)
  • なぜ今まで目に止まらなかったか、これは僕の浅学の罪でしょうか。 ...
  • このままでは相手の好きなように翻弄ほんろうされ、浅学ぶりを暴かれるだけだった。 ...
  • 浅学の身にして文学上の大問題に蹈入りたるは深く自ら恥づるところ。 ...
  • むしろ議論に参加できずに黙って聞くしかない光國の浅学さを心の中で大いに嗤っているに違いない。 ...
  • いかにお前が馬鹿で浅学でやる気のないくそったれでも、これだけ言えば分かるな?
  • 私は、自分の浅学で物にうといことが心からはずかしく、顔がほてった。
  • なんという浅学さだ、錬金術師である私の行動を乱数に当てはめるなんて! ...
  • こうしたシャンパンの飲み方があると知って、私は浅学を恥じた。 ...
  • これを調べあてた嶋が浅学の素人だというのは、詢を相手にしたときの謙遜だろう。 ...
  • ぼくはもちろん先生の足もとにもよりつけない浅学せんがくなものではありますが、それでも多少の知識の蓄積ちくせきはあります。 ...
  • 浅学にして私は、かういふ言葉が徳川時代にあちこちで用ひられたといふことを知らなかつた。 ...
  • 父や慱役たちの要求が高かったこともあるし、自分よりよっぽどできの良い兄がいたから、どちらかというと詩には夢中になるが、学問においては浅学のほうだと信じていた。 ...
  • 況んや訳者の浅学を以てしては、屡々ただ臆測を逞しくするほかはなかつた。 ...
  • しかし浅学のわたしには黄門吏部郎がどういう仕事をするもので、どのくらい偉いのかよく分からない。 ...
  • 彼等の思想が、例えば、私のような浅学な昭和の一文士の心に、又蘇り得るというのも、同じ理由に基くのではないだろうか。 ...
  • 浅学にして私は、その理由を知らない。 ...
  • しかしそのほかのことは、浅学の能く穿鑿できることではない。
  • 次へ