浅ましい

全て 形容詞
601 の例文 (0.02 秒)
  • 例えば婦人を浅ましい肉的一方に偏した者のように書く小説があります。 ...
  • 何かあると先生は彼の花を誉めそんな時に僕は例の浅ましい気持ちになった。 ...
  • 自分がこれほど浅ましい行動をとるとは、今の今まで考えたこともなかった。 ...
  • 娘達のする芝居を非常に面白い様な浅ましい様な気持で見る。 ...
  • あいつはその時、しみじみまた今までの自分の生活が浅ましくなった。 ...
  • あのかたも由香利さんのこういう浅ましい姿をひとに見られたくないのではないか。 ...
  • もし妾たちが同胞だったとしたら、これはなんという浅ましいことだろう。 ...
  • 亡くなった妹の事や、浅ましい身に落ちて行く友達が悲しく思い出された。 ...
  • 東京の新聞の切抜らしいのが特に大きく載せてあるのが浅ましい。 ...
  • しかも、わたしはもうだれにもこういう浅ましいものを見られたくはございません。
  • 小さな、浅ましい、そのくせ良心なるもののカケラを持った人間である。 ...
  • 浅ましい諸侯などを相手にしているより、どれだけいいか知れない。 ...
  • 生まれてこのかた、おれはこんな浅ましい女は見たことがないって。 ...
  • このような浅ましい十字架を背負っているのは自分だけなのだと僕は思いました。 ...
  • 己がどれ程浅ましき畜生道に堕ちておるかは善っく承知しております。 ...
  • 前者であってほしい、と願っている自分が浅ましく感じられてくる。 ...
  • もしかしてふたりの関係が、と心のどこかで期待していた自分が浅ましく思えた。 ...
  • 次へ

浅ましいで始まる単語