流石の僕

6 の用例 (0.00 秒)
  • 今は流石の僕も下手なことは言えなかった。 奈須きのこ『歌月十夜 38 初めての夜遊び』より引用
  • そん時には流石さすがの僕も、思わずグッと来てしまったね。 夢野久作『焦点を合せる』より引用
  • 然しこれだけは流石の僕も忍びかねて、之を拒絶した。 永井荷風『申訳』より引用
  • 流石さすがの僕でもクラスメイトを殺すのは忍びない。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • そのまぐさを積んだような畳の中央にしらみに埋まったまま悠々と一升徳利を傾けている奈良原を発見した時には、流石さすがの僕も胸が詰ったよ。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • むろんアトの八千ポンドはポートサイドへ着いてから渡すという、立派な証文附きだったが、流石さすがの僕もソン時には、チョット頭が下がったよ。 夢野久作『焦点を合せる』より引用