流石の俺

5 の用例 (0.00 秒)
  • それが楽しみで、実はここへ来るんだが、あの女の本心だけは流石さすがの俺にも分らんね。 横光利一『上海』より引用
  • その返しは流石さすがの俺でも予想外だ! 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 流石さすがの俺も、この発想の飛躍ひやくにはびっくりした。 葵せきな『生徒会の三振 碧陽学園生徒会議事録3』より引用
  • 逆に腐れ外道でプレイしている場合、アースクェイクが相手になると「流石の俺も言葉が出ない」と呆れられる。
  • 三人はそのまま気拙きまずい思いをして別れたが、それから第三日目の朝になっても、依然としてフェア・ウェザーとセント・エリアスが真正面に見えた時には、流石さすがの俺も、ジイイーンとしびれ上るような不思議を、脳髄の中心に感じた。 夢野久作『難船小僧』より引用