流石に僕

7 の用例 (0.00 秒)
  • それほど奇天烈なことは、流石に僕も言ひませんから、御安心下さい。 坂口安吾『かげろふ談義』より引用
  • これには流石に僕も同情してしまいそうになる。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • 部落に入ってから、それでも流石さすがに僕は気になって、民家の標札を見て歩いた。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • あの犬を余所へやることは、流石に僕も気がつかなかつたよ。 岸田国士『犬は鎖に繋ぐべからず』より引用
  • かつてボズさんと辨當べんたうべたことのある、ひらたいはまでると、流石さすがぼくつかれてしまつた。 国木田独歩『都の友へ、B生より』より引用
  • 流石さすがに僕でもバンジージャンプくらいは知っている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 流石に僕も全く退屈して、欠伸あくびまぢりに明るく騒がしい二階の窓から目を逸らしたら、屋根の上に物凄く輝いてゐる星の眼玉がギラリと僕を睨みつけた。 坂口安吾『霓博士の廃頽』より引用