流暢な日本語

173 の用例 (0.00 秒)
  • 流暢りゅうちょうな日本語を操り、頭の中でものを考えるときも日本語で考えている。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 微笑を浮かべて冗談のように言い、真顔になると流暢な日本語で続けた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 流暢な日本語で迎えてくれた田麗玉氏は、思ったよりも小柄な人だった。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 水色がかった灰色のひとみをした男は、流暢りゆうちような日本語で物騒な会話を続けた。 吉村達也『逆密室殺人事件』より引用
  • この場に日本人はいないのだが、アニェーゼは流暢りゆうちような日本語で言った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • たしか彼が最も流暢な日本語で斯う云つて僕の肩をつかんだのだつたと思ふ。 牧野信一『交遊秘話』より引用
  • インタビューでは、流暢な日本語とコミカルなキャラクターを披露した。
  • 重い荷物を床に下ろすと、少女は流暢な日本語で自己紹介を始めた。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用
  • しかし数分もたたぬうちに、流暢りゆうちような日本語が聞こえ扉が外から引き開けられた。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • 四十代半ばのビジネスマン風の男は親しみをこめて流暢な日本語で返事をした。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 流暢りゆうちような日本語でそう言ったリチャードを、杏子は笑顔のままにらみつけた。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • スッポンが入った網袋を私が差し出すと、従業員は流暢な日本語で話した。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 容姿ようしからして欧州の出だが、それにしては流暢りゅうちょうな日本語だった。 新城十馬『蓬莱学園の初恋!』より引用
  • 意外なことに、その日本人離れした容貌ようぼうから滑り出たのは流暢りゅうちょうな日本語だった。 嵩夜あや『乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール』より引用
  • 流暢な日本語で経済や政治を話すことで有名になる。
  • 九五年から九六年にかけて、一年間日本に留学していたという権星南クオンソンナムが流暢な日本語で言う。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • いきなり流暢りゅうちょうな日本語で言われて、おどろいた隼人と博巳がさっと身を引いた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集07 安心できない七つ道具?』より引用
  • 中国クラブの営業形態と料金について、ママは流暢な日本語でこう説明した。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 流暢な日本語を、なまできいたのは初めてのことなのだ。 東峰夫『オキナワの少年』より引用
  • 白人の老婦と黒人の少年少女、いずれも流暢りゆうちような日本語で言い争っている。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 上』より引用
  • 次へ »