流いた

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 荷役方式は、上入れ、自重落下流し板付き側開き式の下出し方式である。 ...
  • 前回の経験をふまえ、新たに開発してタンク内に設置した抑流板が十分に機能したことが証明されたからである。 ...
  • 外観は私有貨車では唯一の流し板付き側開き式である。 ...
  • 熱流変換器、熱流束計、熱流板などの異なる名称でも知られており、それぞれの目的に特化している。 ...
  • タンク内にはまた、液体の動揺および渦の発生を抑えるための抑流板が設置されている。 ...
  • そのため、次回以降のミッションでは、これを抑える抑流板がタンク内に追加設置されることになった。 ...
  • しーんとした真昼、彼は暑さにあえぎながら家のうちの涼しそうなところを求めていたが、風呂場の流板の上に小桶こおけに水を満たすと、ものにかれたようにぼんやりと視入みいった。 ...
  • また液体水素タンク内にも、液体酸素タンクと同じように渦の発生や液体の動揺を抑えるための抑流板が設置されている。 ...
  • 何が、死骸しがい取片づけの山神主が見た、と申すには、獅子がかしらさかしまにして、そのおんなの血をめ舐め、目から涙を流いたというが触出ふれだしでな。 ...
  • 遂に生身の大日如来と化生し、流し板より光明を発したりと。 ...
  • 赤潮のつるぎは、炎の稲妻、黒潮の黒い旗は、黒雲の峰をいて、沖からどうと浴びせたほどに、一浦ひとうらの津波となって、田畑も家も山へ流いた。 ...
  • 心光院の寺伝によると、江戸幕府5代将軍・徳川綱吉の生母である桂昌院は、増上寺内の心光院に堂宇を創らせ、お竹大日如来像と、お竹が使用したという流し板を寄進・奉納した。 ...
  • 「パイサーノ〔スペイン語で「百姓」くらいの意味〕のおじいさんで、もどって来たって言ってるよ」 母はふるいを下におろし、ヘアピンを流し板のうしろに突きさした。 ...
  • 「一弦琴の祖」と称される須磨琴については、幕末に松平四山が著した『当流板琴大意抄』によれば、平安時代に在原行平が須磨に流された際に庇の板で琴を作ってつれづれを慰めたとする説を載せているが、同時代の富士谷御杖が著した『北辺随筆』ではこの説を否定している。 ...
  • 霊像並びに流し板は今東京市麻布飯倉町赤羽心光院にまつる。 ...