派公家

27 の用例 (0.00 秒)
  • それは、鎌倉幕府において京都の代表を務める京都守護にも言える事で一時期を除いて親幕派公家から選ばれている。
  • 尊王攘夷派公家として活動し、明治維新後は初代東京府知事を務めた。
  • しかし、慶応2年の長州征討が幕府軍の敗北に終わったのをきっかけに、尊攘派公家を朝廷に復帰させるべきであるという声が大きくなっていった。
  • 大政奉還が行われた時点においては、岩倉ら倒幕派公家は朝廷内の主導権を掌握していなかった。
  • 表向きはこの年の後白河法皇幽閉に関連した反平家派公家の処罰によるものであったが、既に処分がほぼ終わった段階での流刑であり、平清盛の妻の甥である時家がそのような行動に関与する理由もなかった。
  • 文久2年12月には朝廷に国事掛が設置され、三条・姉小路らと親幕派公家との間の抗争が本格化する。
  • 明治以後も攘夷派公家としての矜持を保ち、京都に留まった。
  • 一方、三条実美ら親長州の急進派公家は文久3年八月十八日の政変以来、京から追放されたままであった。
  • 文久2年尊攘派公家13人とともに和宮降嫁を進めた岩倉具視らを弾劾した。
  • 幕末のこと、禁門の変をきっかけに朝廷と幕府は長州追討令を発し、幕府軍と長州は一触即発の状態となったが、変の首謀者の処分、尊王攘夷派公家の九州移転などが行われたことで一旦戦闘は回避された。
  • 幕末の有容は初め勤王派公家であったが、程なく公武合体を唱えて議奏となる。
  • これに対し、天皇の意を受けた会津藩と薩摩藩が結託し、実力行使により長州藩及び三条実美ら尊攘派公家を京都から追放した。
  • 孝明天皇は朝廷と幕府がともに協力しあうべきであるとする公武合体論の立場から、深く幕府を信頼し大政を委任していたが、これに不満を持つ尊皇攘夷派公家の跳梁跋扈に悩まされていた。
  • しかし文久3年の「八月十八日の政変」により尊攘派公家の処分とともに長州藩などの関係者も出入りを禁止され、陳情建白の受理も停止された。
  • これに対し、薩摩藩は会津藩らと結託して、実力行使により尊攘派公家・長州藩らを朝廷から一掃した。
  • しかし、翌日に土佐藩の建白を受けていた将軍・徳川慶喜が大政奉還を果たしたため、岩倉ら倒幕派公家とともに、王政復古のクーデターを計画して実行する。
  • 慶応3年の大政奉還と王政復古の大号令によって江戸幕府が倒れ、薩摩藩・長州藩など西南雄藩の下級武士や倒幕派公家などを中心に明治新政府が成立した。
  • そして京都で尊攘派公家・壬生基修に仕えたのち官軍の一員として戊辰戦争に従軍、長岡城攻防戦への参加を経て、1869年、明治新政府により京都に創設された弾正台に任官した。
  • このため、京都の攘夷派公家・浪士らの牽制として、阿部と本庄宗秀は兵4000を率いて上洛し、朝廷との交渉にあたる。
  • やがて過激派公家・三条実美の知遇を得、徴士学習院出仕を命ぜられたが、同年の八月十八日の政変により、長州藩と三条らは失脚し京から追放される。
  • 次へ »

派公家 の使われ方