津堂城山古墳

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • そして古市古墳群の津堂城山古墳をもって、くびれ部付近に造出を付設する一般的な平面形が確立したとみなされている。 ...
  • 出土した黒斑のある埴輪などからこの古墳の築造時期は、津堂城山古墳と同じく、古市古墳群の形成初期と結論された。 ...
  • 一方、ヤマトタケルの実在を認める論者からは、ヤマトタケルが活動した年代や築造後すぐに管理が放棄されていることなどから、現允恭天皇陵に治定されている津堂城山古墳を真陵と見る説が唱えられている。 ...
  • 出土した埴輪の特徴から、古市古墳群の巨大前方後円墳では、津堂城山古墳に次いで古く、5世紀前半の築造と推定されている。 ...
  • 上記とは別に、大阪府藤井寺市津堂にある遺跡名「津堂城山古墳」は宮内庁指定の藤井寺陵墓参考地として允恭天皇が被葬候補者に想定されている。 ...
  • 津堂城山古墳、五色塚古墳、保渡田八幡塚古墳、井出二子山古墳、正法寺古墳で確認されている。 ...
  • 相対的序列は、仲津山古墳、誉田御廟山古墳・仲津山古墳・津堂城山古墳、市ノ山古墳・墓山古墳、河内大塚古墳、前ノ山古墳、ボケ山古墳、白髪山古墳、高屋城山古墳になるであろう。 ...